ふるさと青汁はAmazonで買える?公式とAmazonの価格を比較!

ふるさと青汁はAmazonや楽天など、
大手のショッピングサイトで通販することは出来るのでしょうか。

 

さっそくAmazonでふるさと青汁の
取扱いがあるかどうか確認してみたところ、

 

●Amazonのマイケアふるさと青汁
・3g×30包:3200円
・3g×30包×2箱セット:7580円

 

で販売がされていました。

 

2箱セットのほうが逆に高くなっているのが
気になりますが、それもそのはず、転売されているだけで
公式サイトから販売されている商品ではありませんでした。

 

業者が独自で値段を決めているため、
2箱セットのほうが高くなってしまっているんですね。

 

市販でも確認したところ、
ドラッグストアやスーパーなどの販売店舗は
今のところありませんでした。

 

 

Amazonのふるさと青汁の価格は少し不信感があったので、
公式サイトの価格も比較してみましょう。

 

●公式サイトのマイケアふるさと青汁
【定期】3g×30包 + 14包:3420円
【単品】3g×30包 + 14包:3800円

 

公式サイトで購入するとおまけで14包ついてくるため、
価格だけ比較するとAmazonのほうが少しだけ安いのですが、
1包あたりの価格を比較すると、公式サイトが最安値となりますね。

 

公式サイトのふるさと青汁は、
定期購入、単品購入どちらの場合も

 

・全額返金保証付き

 

です。

 

まずはおまけでついてくる14包のサンプルを試してみて
合わなければ全額返金保証制度を利用出来ます。

 

全額返金保証を検討される場合は、
必ず公式サイトに記載された条件をよくお読み下さいね。

 

 

Amazonと公式の価格を比較した結果、
価格自体はほとんど差はありませんでしたが、

 

・公式から発送される
・14包分がお得
・全額返金保証付き

 

というメリットを考えると、公式サイトのほうが安心ですね。

 

>>公式サイトでふるさと青汁の詳細を確認する場合はこちら

ふるさと青汁って飲みやすさはどうなの?成分をチェック

最近の青汁は飲みやすいものが多いと評判ですが、
ふるさと青汁も飲みやすいのでしょうか?

 

ふるさと青汁の成分を確認してみました。

 

青汁の成分で「苦い」「まずい」「飲みにくい」と
言われている理由は、原材料のケールにあります。

 

昔の青汁は、主な原材料にケールを使用しており、
ケールは苦味があるため「まずい」と言われていました。

 

ふるさと青汁にケールが入っているか
確認してみると・・・

 

【ふるさと青汁の成分】
八丈島産「明日葉」
島根県産「桑の葉」
熊本県産「大麦若葉」

 

ふるさと青汁にはケールを使用していないだけでなく、
全て国産原料のため、安心で飲みやすい青汁と言えますね。

 

●明日葉を「丸ごと」使用している!
丸ごと使用しているというのはどういうことかというと、
ふるさと青汁は「根っこ」まで配合しているのです。

 

明日葉の根っこには、
カルコンを多く含んでいます。

 

この「カルコン」は脂肪細胞に作用します。
そして、抗メタボリックシンドロームホルモンと言われる
アディポネクチンの産生を高める働きがありますので、
青汁を体型維持やダイエットに利用したい方には特に良いでしょう。

 

明日葉はケールよりも栄養価も豊富で、
ケールよりも飲みやすいので、
青汁ビギナーさんにもおすすめですよ。

 

しかも、ふるさと青汁にはお試しできる
全額返金保証付き制度がありますから、
まずは14包のサンプルから試してみてくださいね。

 

>>全額返金保証付きで購入できる!ふるさと青汁の公式サイトはこちら